FC2ブログ
トンネル脱出!自己記録アオリ3352gIN南伊豆(99)
2018 / 06 / 18 ( Mon )

今週も下田~西伊豆へ単独で行ってきました。東風が少し強い予報でしたし雨が降る予報だったのであまり人が居ないだろうと思ったのですが…

とりあえず先週K氏が釣った下田の場所からスタート。風が強すぎて風裏の場所へ。1投目。いきなりなぜかキャスト切れ…
糸を結び直して2~4投目反応ないので風表へ行ってキャスト。雨もかなり強く風もかなり強くエギは沈まないし、風で流されて釣りにならないので、早くも移動。南伊豆へ。大本命の場所を見ると3人居たのでパス…隣の場所も3、4人居てパス。そして事件の場所へ。とりあえず誰か居るなって感じでしたが他には居ないのでとりあえず行って投げれそうなのでいつも投げる場所は満潮で行けそうもなかったので少し横へ。1投目パタパタQラトルのPUPUで様子見。いつも通り60秒、ボトムダート、縦に3回強めのジャーク、スラックジャーク×2、ショートジャークと繰り返し手前まで来たのでピックアップジャーク。しかしイカの姿はないのでプロスペックのグリーンテープのに代えてキャスト。同じような感じでシャクって真ん中辺りに来ると藻の上に乗った感じがしてやはり藻が掛かり回収。
続いてローライトなのでデュエルH氏がこの色と言っているBLBIへ。夜の浜ではかなり釣れるが日中はあまり釣れないので今回は中層を狙ってみることに。沖を見ると潮目が差してきてわざと少し潮目の左側へキャスト。
45秒落としてボトムではないけどボトムダート、で弱めのショートジャーク×2で2回目のショートジャークのフォール10秒くらいするとまた藻の上に乗っているように糸が落ちなくなりとりあえず先ほどと同じように合わせてみると、藻より重さが加わりなんか動くような感じがしたので追い合わせ!といきなり長いストロークで引き始める。今まではカキンと合わせるとドラグが出ていきましたがドラグは出ないけどかなり重い。これはかなり昔1号の糸が切られたやつと同クラスの重さだったのでかなり慎重に巻く。でも2キロくらいならそろそろ上に上がってくるかなと思わせるがなかなか海面には上がって来ないので自己記録は更新かなと思って見ているとかなりデカイ…とりあえずバッグからショートギャフを取り出して慎重に寄せる。まだまだ走るかと思いましたがすんなり寄ってきましたがイカの胴体が寝ていてエンペラに掛けられないし無理は出来ない…迷っているとのちにわかりましたがブログ伊豆の最凶へっぽこエギンガーのandyくんがギャフを持って駆けつけてく
れましたが先になんとか胴体の左側にギャフを掛けることに成功。しかし掛けた瞬間かなり抵抗されましたが上げてみるとかなり重い…上げたらギャフが外れ海に落ちるが今度はちゃんと胴体が横になったのでギャフを掛けやすくなり今度はちゃんと掛けキャッチ!
ランディングで毎回のように苦戦しますがとりあえずキャッチ出来たので良かったです。とりあえずその後はこの日は止めていのまたさんへ量ってもらいに行きました。現場では3375gでしたがいのまたさんに行って量ってもらうと3352gでした。胴体はちょうど50cmでした。
タックル
竿:夢墨DRYT-RV83ML無限流チューン
リール:イグジスト2506PE-DH
ライン:キャストアウェイ10lb
リーダー:ブラックストリーム2,25号
エギ:ダートマスター3.5号BLBI(写真下)



こういう時に限ってメジャーは家に…
そんなドタバタでしたがローライトの時はBLBIと言ってくれたデュエルH氏、無限流チューンをスレッドを巻いてくれてコーティングしてくれた三島市のD釣具店、色々アドバイスしてくれるサンラインのO氏、ギャフを持って駆けつけてたandyくん、このイカを量ってくれたいのまた釣具店の皆さん、関わってくれた全ての人に感謝しまた釣れてくれたイカに感謝するとともにこの記録を1思い出として刻みます。長くなりましたが読んでくれた皆様にも感謝です。

13 : 27 : 36 | エギング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<青物好調になってきました(104) | ホーム | 長いトンネルを脱出できず・・・K氏は好調キープ(96)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mugenry.blog15.fc2.com/tb.php/643-2a7291fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |